SSブログ

大震災から1年が経過します。

本日は3月10日。
東日本大震災から1年が経過しようとしています。
改めて犠牲となられた皆様に心から哀悼の意を表するとともに、被災者の皆様にお見舞い申し上げたいと思います。

地震から1年が経過しますが、未だに昨年の3.11はつい最近のような気がします。
地震に津波、原発等によって大変な被害がありました。
東京では帰宅難民が発生しましたし、ガソリンや食料品不足、計画停電もありました。

そんななか、被災地で精一杯生きていらっしゃる方たちのお話を伺い、『私も何かしなければ!』との思いから支援物資輸送や被災地物産の販売、募金活動等を多くの人々とともに実施したことを思い出します。

一日も早く被災地の皆様が安心して元気に暮す事ができるよう、これからも日本のみんなが力を合わせて頑張っていかなければなりません。

同時に、私にとっては『浪人していることが悔しい』と最も感じた一年でした。
現職であれば『あんなことも、こんなことも出来たのではないか』と思いながら歯軋りをする毎日。

現在に至っても、瓦礫の処理を始め復興に対するスピードは余りに遅いといわざるを得ません。
折角立法府でつけた復興予算も使うことが出来たのは一部に留まります。
政党は関係ありません。
勿論、立場によって責任の軽重はあるでしょう。
しかしながら、政治家として活動するからには、当然誰もが責任を負っているのだと思います。
勿論、私も4年間衆議院議員を勤めさせて頂いており、責任を感じています。

だからこそ、本当にもどかしい思いをもってこの1年間国政を見てきました。

3月11日を迎えるに当たり、今一度国民全員がこの1年を振り返り、被災地の復興と日本の将来のために意味ある日にしていかなければなりません。
そして、全ての政治家が多いに猛省をし、真に国民の負託に応えることが出来るように変わらなければならない一日です。
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。